2017年7月第3週

今週は時間がなかったので、昨日のタコ釣りの後に行きました。
明るい時間だったのでメタルバイブで手早く探っていくと、ヒット!!と思いましたが、残念ながら取り込み時にバラシ。
全くバラシ病から抜けられません。そしてテンションが下がってストップフィッシング。

しっかりテンション抜けがしないように、エラ洗いされないようにロッドとラインをコントロールしないとなぁ...。

ライトショアジギング52 in 武庫川一文字 + オクトパッシング

先週、タコ釣りに挑み、敗れていった男がいます。
今週は少し真面目に取り組みます。『オクトパッシング1 in 武庫川一文字』始まります。

夏になるとライトショアジギングは例年厳しい。遊んでくれるのも小サバ、小アジ。
そんなこともあるので、流行り?のオクトパッシング(タコ釣り)を行うことにしました。
武庫川一文字の場合はケーソンの境目でタコジグを使ってタコを誘い、かけて行く釣りが基本のようです。
例に漏れず私もタコジグをセットしてケーソンの境目に向かいます。

ゆっくりとフォールさせていると、フォール中に違和感がでます。何かに引っかかったか、ボトムに到達したか。
うまくいけばタコがタコジグに乗っています。

先週の釣果が嘘のように簡単に釣れます。
2017-07-15-001.JPG

やはりフォール中の違和感を感じ取るにはベイトタックルの方がよいということか?
後は歩き回って際を打ち続けるだけ。可能であれば、先行者が入ってから時間が空いている場所がよさそうです。
2017-07-15-004.JPG

ちなみにライトショアジギングの結果ですが、ジグサビキにサバが反応するだけでした。
2017-07-15-003.JPG

■タックル(オクトパッシング)
ロッド:Abu Garcia クロスフィールド XRFC-702M
リール:Abu Garcia プロマックス(PMAX2)
ライン:Rapala ラピノヴァX マルチゲーム 1.5号
リーダー:ナイロン 6号
ルアー:タコジグ

■タックル(スーパーライトショアジギング)
ロッド:Abu Garcia クロスフィールド XRFS-862M
リール:DAIWA 15フリームス 2506H
ライン:DUEL ハードコア X4 1.2号
リーダー:ナイロン 6号
ルアー:ダイソー ジグベイト 18g ピンク + ハヤブサ ジギングサビキ 小型回遊魚用 Mサイズ

Abu Garcia プロマックス(PMAX2) / シルバーマックス(SMAX2)レビュー

アブガルシアのプロマックス(PMAX2)とシルバーマックス(SMAX2)のレビューをしたいと思います。
新型も発売されていて、今更感はありますが、中古で買うのを検討する人向けに。
低価格帯製品は意外とレビューされていなくて、中古で買おうとしても情報がなかったりします。
そんな人のお役に立てれば。一応価格を考慮してのレビューです。

プロマックス / シルバーマックスとは

ピュア・フィッシング社がAbu Garciaブランドで販売しているエントリークラスのリールです。
ブラックマックス、シルバーマックス、プロマックスの順に価格が高くなっていきます。
ベアリング数やフリッピングスイッチの有無等、微妙にスペック差があります。
(あとは外観も違います。)

上州屋オリジナルで同名のスピニングリールがあるので、混同しないようにご注意ください...。

これらのマックス三兄弟で実売6000円~10000円超ぐらいの価格帯をカバーしています。
シマノだとバスワンXT、ダイワだとバレッタあたりが対抗馬です。

外観

個人的にはプロマックスの方が好きかなと思います。
価格帯的にエントリークラスということもあって、見た目に高級感はなく、おもちゃ感あるのは否めません。
2017-07-09-002.JPG

シルバーマックスの方はフリッピングスイッチがあるのが特徴的です。

良い点

(1)扱いやすいマグネット方式ブレーキ
恐らくこの価格帯を選定する人はベイトリール使い慣れてない人が多いと思います。
そういう意味で、ダイヤルでブレーキ力が操作できるマグネット方式は扱いやすいんじゃないでしょうか。
(決してバスワンXTのSVSをディスっているわけではないですが、ダイヤルでブレーキの強弱が操作できるのはわかりやすいかと。)

(2)意外と耐久性あり!?
ボディは樹脂のため、耐久性はなさそうですが、実体験的には評価できると思います。
一度川に落として水没させたのですが、とりあえず洗ってから特に異常もなく使えています。
樹脂ボディだからこそ、サビが発生したりしないとか、マグネット方式ブレーキでシンプルな設計とか。
そういった点で、意外とトラブルが発生しにくいのかもしれません。

悪い点

(1)ドラグ性能
「パワーディスクドラグシステムで確実かつ優れたラインの滑り出し。」みたいに公式Webサイトには書いてあります。
ただ、私の感想としてはムラがあるように感じます。
ラインの出方も一定ではなく、急に滑ったりと不安定に感じました。

(2)軽量ルアーの飛距離
ベイトフィネスモデルではないので、軽量ルアーはあまり飛びません。
スプールも16lbのラインが130mの仕様なので、3/8oz以下のルアーを投げたい方は別製品の方がよいと思います。

その他

ブラックマックス含めたスペック表を記載します。

製品名 自重(g) ギア比 最大ライン巻取(cm) 最大ドラグ力(kg) ラインキャパシティ(16lb) ボールベアリング その他特徴
BLACKMAX(BMAX2) 225 6.4:1 70 6.8 130m 4 なし
SILVERMAX(SMAX2) 227 6.4:1 70 6.8 130m 5 フリッピングスイッチ
PROMAX(PMAX2) 227 7.1:1 78 6.8 130m 7 メカニカルブレーキクリック音

総評

微妙な差ですが、値段に応じてスペックが良くなっていきます。
個人的なお勧めはプロマックスかなと思います。

ブラックマックスとシルバーマックス、プロマックスとではギア比が違います。
ハイギヤがよければ、プロマックスがよいでしょう。
フリッピングスイッチは個人的にはなくてもよいかなと思いますので、
ローギヤを求める場合にはブラックマックスを選ぶのがよいでしょう。

後はドラグの安定性さえ、もう少し良ければなぁ。

2017年7月第2週

最近、30cm以下の魚ばかりヒットします。というかそれしかヒットしません。
そして高確率でバラシます。(先週釣れたのがまぐれレベル。)

こんな冒頭から始まるとおり、今週は30cm以下が3匹かかって全てバラシ。

基本向こう合わせのスタイルなので、魚が軽いとフッキングが甘い。
かといって合わせると魚が軽すぎて水面まで浮いてしまう。
40cmぐらいあるとマシになってくるんですが、小さい魚どうやって取ったらいいんでしょう?

試行錯誤は続く...。