春は暖かくなってきて心地がよいのですが、多くの人を悩ませる花粉症のシーズンでもあります。
私はスギとヒノキでアレルギー症状がでるので、大よそ2月から5月初めのゴールデンウィークぐらいまで調子が悪い。

就職するまでは耳鼻科に通い、処方薬で症状を抑えていました。
就職してからは耳鼻科に通うのが億劫になり、市販薬に頼るようになっていました。

病院で処方されていたのはタリオン10でした。
最近ではサンドラッグオリジナルのスックル鼻炎ロングというのを使っていました。
スックル鼻炎ロングは安価に症状を緩和させることができるものの、物凄く鼻が乾くのが不快でした。

最近では医療用医薬品から一般用医薬品に転換された抗ヒスタミン薬が多く登場しています。
昨年はアレグラFX、今年はアレジオンを試してみています。
その効き目についての感想を述べたいと思います。
※効き目については個人差があると思います。不明点については薬局の薬剤師にご相談いただくのが良いと思います。

アレグラFX/アレジオンの比較

製品名 アレグラFX アレジオン20 (ご参考)タリオン10 (ご参考)スックル鼻炎ロング
発売元 久光製薬 エスエス製薬 田辺三菱製薬 サンドラッグ(佐藤薬品工業)
成分(1日分あたり) フェキソフェナジン塩酸塩 120mg エピナスチン塩酸塩 20mg ベポタスチンベシル酸塩 20mg 塩酸プソイドエフェリン 70mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 8mg
ベラドンナ総アルカロイド 0.4mg
グリチルリチン酸 45mg
無水カフェイン 100mg
用法 1回1錠を1日2回 1回1錠を1日1回 ※処方薬につき割愛 1回1錠を1日2回
価格(1週間分換算) 799円 811円 ※処方薬につき割愛 617円
特徴 第2世代抗ヒスタミン薬 第2世代抗ヒスタミン薬 第2世代抗ヒスタミン薬 第1世代抗ヒスタミン薬を含む

アレグラFXは昨年使用しましたが、私には相性が悪かったのか、効き目が弱かったです。
今年はアレジオン20を使ってみていますが、アレグラFXよりは症状を抑えることができているように感じています。

スックル鼻炎ロングはクロルフェニラミンマレイン酸塩という抗ヒスタミン成分が含まれていますが、私の使用している感じからは塩酸プソイドエフェリンが強く働いて、鼻水を止めているように感じます。
(鼻水が出たり、鼻づまりしたりするよりはマシですが、物凄く鼻が乾きます。)

個人的にはアレジオン20が一般用医薬品として発売されているアレルギー鼻炎薬の中で相性がよさそうです。
1日1回でよいというのも、楽でいいかなと思います。

JVCヘッドホン HA-RZ910 購入しました。

今まで使っていたヘッドホンHP-RX500が断線したのか左側の音がでなくなったので、新しいのを購入しました。
ヨドバシカメラに行って色々と視聴しましたが、私の耳の能力では高級なものは不要でした...。
2019-01-01-001.JPG

コストパフォーマンスがよくて、付け心地が良かったものを選びました。
(HP-RX500もJVC製で購入したのは10年ぐらい前だったと思いますが、これもコスパがで選んだような。)

選んだポイントとしては、次の点です。
  • 見た目が好み。いい意味で地味。
  • ケーブルが太くて断線しにくそう。
  • 作りがしっかりしていて付け心地がよい。
  • 作りの割に安かった。

一応スペックは次の通りでした。(左側が今回購入したHA-RZ910、右側が元々使っていたHP-RX500)
製品名 JVC HA-RZ910 JVC HP-RX500
再生周波数帯域 7Hz ~ 26,000Hz 10Hz ~ 22,000Hz
出力音圧レベル 106dB/1mW 105dB/1mW
インピーダンス 64Ω 70Ω
最大許容入力 1,500mW 1,200mW
質量 350g 194g

ヨドバシカメラではテレビ用ヘッドホンとされていましたが、YouTubeよく見るのでちょうどよかったです(笑)

愛用のXperia Z3 Compactですが2015年2月から使い始めたので、あと少しで4年というところです。
最近はバッテリーがヘタってきたのか、バッテリー残量が40%から0%に急転直下する現象がたまに起こるようになりました。

「microSDが飛び出る現象」、「画面割れによるタッチ不良」、「防水パッキン破損」と様々な問題を自営修理で何とか乗り切ってきたので、 バッテリー交換するか悩みましたが、いい機会だったので、機種を変えることに。

最近のスマホはサイズが大きいのですが個人的には小さい方が好み。
という訳でXperia X Compactになりました。
2018-12-16-004.JPG

より新しいのもあるのですが、なんといっても高い...。
XZ1 Compactは未使用品60,000円ぐらいで、XZ2 Comapctは75,000円以上です。
それに対してX Compactは未使用品なら50,000円ぐらいですが、使用品なら15,000円~20,000円程度。
XZ1 Compactは使用品でも50,000円以上ということで、コストとのバランスが良いかなと。

主な仕様は以下の通りですが、流石に進化しています。
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約129mm×約65mm×約9.5mm
重量 約135g
ディスプレイ 約4.6インチ 720×1280ドット
OS Android 6.0 ⇒ 7.0 ⇒ 8.0
CPU 1.8GHz(デュアルコア) + 1.4GHz(クアッドコア)
内蔵メモリ 3GB
内蔵ストレージ 32GB
電池容量 2700mAh

Z3 Compactより当然性能アップ。
特に内蔵ストレージは16GBだったので、容量アップはうれしい。
(16GB microSDを使っていましたが、microSD飛び出し現象発生からは外していましたので...。)

今のスマホは特にセッティングを拘らなくても、まともに使えるので面白みに欠けます。
PCもWindows98~Meぐらいが一番セッティングにこだわっていたと思います。

スマホ遍歴を思い返すと2010年11月にIS03を購入し、バッテリーが持たない、動作が遅い問題に苦労していました。
これらの問題に対応するために、ホームアプリを変えたり、タスクキラーを仕掛けたりと頑張ったのが懐かしく思えます。
2013年12月にIS12S(Xperia acro HD)に変えましたが、この頃には大分まともになっていました。
2015年2月にはMVNOに乗り換えることを決意し、Xperia Z3 Compactにしました。
本当に使用感がよく、セッティングも気にせず状態になり、スマホへの興味を失っていきました。(笑)

MVNOユーザーなので、この機種も可能な限り長く使いたいと思います!!