情報技術の最近のブログ記事を表示しています。
過去のブログ記事については下部のリンクより参照ください。
7、8台目は自宅の仮想環境用サーバです。
NTT-Xストアの安鯖が昔流行っていたと思いますが、それのマイナーな部類の奴です。
一応SOHOや小規模オフィス用サーバってことになってますが、普通にスリム型PCみたいなものです。

7、8台目 富士通 PRIMERGY MX130 S2(2014年5月~)

自宅ではメインで使っていたWindows 7のPCにVMware Server 2.0を入れ、仮想マシンを立て、勉強に活かしていた。
ある日、インターネットを見ていたら、サイズ感の小さい安鯖がNTT-Xストアで販売されていた。

自宅サーバとしてLinuxのマシンを稼働させていたが、そいつも仮想化しようと思い立った。
CUIしか使ってなかったので、スペックも正直いらなかったが、これは自己満足の世界である。

これから学習用にたくさんの仮想マシンを立てるかもしれないと思い、サーバ本体に加え、CPUとメモリを購入。
更にIOも早くしないと困るだろうと、効果は不明ながらHyperDuo機能を持つRAIDカードも購入。

ドライバ類の都合で、この時代にVMware Server 2.0を入れることに...。
更に、VMware ServerはCentOS 5でないと動かないということで、時代錯誤な構成となった。

スペックは以下の通り。

製品名 PRIMERGY MX130 S2
CPU AMD FX-6300
メモリ DDR3-1333 2GB x 2 + DDR3-1600 8GB x 2 = 20GB
HDD TOSHIBA DT01ACA300 3TB x 2
A-DATA ASP310S3-64GM-C 64GB x 2
USB-MEM Verbatim STORE N GO 16GB
OS CentOS 5.10

USBメモリにCentOSを入れていたので、HDDは丸々仮想マシン用の領域とした。
あまり容量は使っていなかったが、ファイルサーバとして使っていた。

時は経ち、CentOS 6の仮想マシンを立てようとしたところ、仮想マシンの起動時に例外が出て、起動できない。
どうやら、CPUの命令セットの関係か、VMware Serverで動かすのが限界となっていた。

時代の流れは避けられないということで、VMware ESXi 6.5を導入することに。
導入にあたり、iSCSIストレージをFreeNASで立てることを思い立ち、同型機をヤフオクで2,000円で購入。
それぞれを組み換え、次のスペックとなった。

製品名 PRIMERGY MX130 S2
CPU AMD FX-6300
メモリ DDR3-1333 4GB x 2 + DDR3-1600 8GB x 2 = 24GB
USB-MEM BUFFALO RUF3-K16GB-BK 16GB
追加LANカード Broadcom BCM5751-1T
OS VMware ESXi 6.5 Update 2

製品名 PRIMERGY MX130 S2
CPU AMD Athlon Ⅱ X2 220
メモリ DDR3-1333 2GB x 2 + DDR3-1333 4GB x 2 = 12GB
HDD TOSHIBA DT01ACA300 3TB x 2
A-DATA ASP310S3-64GM-C 64GB x 2
USB-MEM BUFFALO RUF3-K8G 8GB
追加LANカード 玄人志向 GbE-PCI2
OS FreeNAS 11.2-U5

ESXi導入において重要なのはNICであると言われているが、流石はサーバである。
オンボードでBroadcomのNICが搭載されている。
これはESXiをインストールする上では非常に重要な要素である。
(ESXiではIntelやBroadcomのNICを使うのが鉄板だったような。最近はRealtekでもドライバがあるやらないやら?)
iSCSI用でESXi用のサーバにはBroadcom、FreeNAS用のサーバには適当なNICを増設した。

ラックマウントサーバではないが、「メタル」ラックサーバとして今後も活躍し続けてくれるだろう。
2022-09-11-001.JPG

実際、そこまでぶん回していないので新しいOSに対応できないとかない限り、10年ぐらい運用してるかも。
6台目は前回に続いて、ノート型PCです。
購入した当時はそこそこの性能のPCが安価に手に入るようになっていました。
サブPCとしてネットブックを使っていましたが、軽いのですが非力ということで...。
就職してお金も少しはあったので、新しいのを買うことにしたのです。

6台目 Lenovo Thinkpad X220i(2012年8月~)

2000年代後半にネットブックが登場して以降、ノート型PCの価格が低下。
大学時代に貸与されていたのがThinkpad X40ということもあり、Thinkpadには憧れがあった。
そんな中でインターネットを見ていたら、Thinkpad X220iが安かったので、気づけば購入。
2012-07-27-002.jpg
トラックポイントの方がタッチパッドより好み。
タッチパッドってよく手があたって、誤動作するのが苦手。

一時期はノマドを志向し、持ち歩いてプログラムを書いたものの、そこまで出番はなかった...。
もう10年前の骨董品になりつつあるのかもしれないが、Win10にしても比較的使える。
Sandy Bridge世代なので、今となっては古いPCとなった。
でも、2010年ぐらいで実用的な性能という点では成熟したのではと思う。
今の利用頻度からすると...何等かきっかけがない限り買い換えないような気がする。

本体購入時にPCパーツ屋でメモリとSSDを購入して使っている。
まだまだ使えると感じているのはSSDに換装したからかもしれない。
2012-07-27-001.jpg

製品名 Lenovo Thinkpad X220i
CPU Intel Core i3-2350M
メモリ DDR3-1333 2GB x 2 = 4GB
HDD Samusung SSD 830 Series(MZ-7PC128N/IT) 128GB
グラフィックコントローラ Intel HD Graphics 3000
OS Microsoft Windows 10 Pro
ついに5台目まできました。
5台目はノート型PCで、2009年頃に流行ったネットブックというジャンルのものです。
性能は低かったのですが、PC本体の低価格化が非常に進んだのを実感させられました。

よくよく考えたら、4台目として書いた自作PCより、こちらの方が先に購入していたような気がしてきました。
(手元にあった購入直後に取得したバックアップファイルの日付が2009年9月11日だったので...。)

5台目 Acer Aspire one AOD250 (2009年9月~2012年7月)

持っていたPCは全てデスクトップ型ばかりで、ノート型は持っていなかった。
そこまで利用する機会が多いわけではないが、たまに出かけるときには欲しくなる。
ただ、ノート型パソコンというのは意外と高価であったため、手が出なかった。

そんな中で2008年頃からは低性能・低価格なネットブックというジャンルが流行を迎えていた。
CPUはIntel Atom、メモリは1GB、ディスプレイは10インチ前後という、当時でも低スペックな仕様。
性能は低くても、非常にコンパクトというところが個人的には刺さった。

ASUSやAcerといった台湾メーカーから色々と販売され、私が選んだのはAcer Aspire one AOD250という機種。
aod250.jpg

メモリが心もとなかったため、1GBから2GBに換装、動画の再生能力が乏しかったため、ハードウェアデコーダを追加。
Azure Wave AW-VD920Hというやつです。
これを積めば、H.264の動画の再生支援が行われ、ニコニコ動画が快適に見れるという優れもの。

就職活動の時にも持ち歩き、エントリーシートの確認などでも活用。
2012年にこれより性能のよいThinkpadを購入し、お役御免とした。
一方で、Xubuntuを入れ、自宅サーバのメンテナンス用機材とし、たまに利用している。
コンパクトで、Linuxのコマンドを打つだけなら、まだまだ使えるのである。

製品名 Acer Aspire one AOD250
CPU Intel Atom N280 1.66GHz
メモリ 2GB
HDD 160GB
グラフィックコントローラ Intel GMA950
ハードウェアデコーダ Azure Wave AW-VD920H
OS Microsoft Windows XP SP3

ネットブックというジャンルは非常に懐かしい。
あまりにも非力すぎたのか、この後はより性能が良いCULVノートが流行ったと思う。

情報技術の過去のブログ記事